トップページ認定専門医を探す新潟県の歯科矯正専門医 > 原矯正歯科

原矯正歯科

新潟県 上越市 大手町5-45

初診相談・ご相談専用:050-3542-5529

JBO認定 歯科矯正専門医

  • 原 省司

原 省司(はら しょうじ)

  • 2004年 JBO認定歯科矯正専門医認定
  • 1984年 新潟大学歯学部卒業
  • 1988年 新潟大学歯学部大学院修了
  • 原矯正歯科在籍(1993年より勤務)

皆さんへのメッセージ
原矯正歯科では、矯正治療を正しく理解して頂き、矯正治療のメリット・デメリットを含めて、ご自身に必要な治療内容の説明をさせて頂きます。
それをもとに、納得されたうえで治療を開始するこが大切です。矯正治療はそれほど急ぐものでもありません。
最適な時期はありますが、基本的に手遅れになるようなことはありません。
原矯正歯科では、「ちょっと大変だったけど、矯正してよかった!」そう思って頂ける治療を心掛けています。

その他の経歴
1988年〜1993年 新潟大学歯学部勤務

ガイドラインアンケート調査

以下の設問にお答えください。
質問に回答ができない場合には、無回答にチェックしてください。
なお以下文章中の「抜歯」は基本的に小臼歯抜歯を意味します。(先天欠如歯が存在するため前歯を抜歯した場合や、片顎の小臼歯抜歯も含みます。)
また「非抜歯」は小臼歯非抜歯を意味します。第二、あるいは第三大臼歯のみを抜歯した場合は非抜歯としてください。

第1回:抜歯 非抜歯に関するアンケート

全ての患者さんに非抜歯で矯正治療が可能ですか?

回答:いいえ

【回答に対するコメント
日本人(モンゴロイド)の人種的特徴(奥行きのない短頭形、大きくて厚い歯)による顎態と歯や歯列とのアンバランスに起因することが多いので、このアンバランスを解消するにはどうしても抜歯を避けられないことが多く、すべて非抜歯による治療はあり得ない。

1で「いいえ」とお答えになった先生にお聞きします。
将来矯正学が発展、進歩したとしたら、すべての患者さんに非抜歯治療が可能になると可能性はありますか?

回答:いいえ

【回答に対するコメント
上記コメントとも関係しますが、人種的特徴を変えることは不可能。
また、顎骨は顎顔面頭蓋、全身のなかのバランスのなかで存在しているため、顎骨だけ大きくしたり広げたりすることは無理がある。
そのため、歯科矯正学がいくら進歩したとしても不可能と考える。

永久歯列期の患者さんに対する矯正治療開始にあたり、抜歯が必要と診断した患者さんの割合(2010年)はどのくらいですか?

回答:60%〜90%未満

【回答に対するコメント
限りなく90%に近い抜歯率になります。

【矯正を探す】全国のJBO認定専門医を検索できます。

北海道・東北
北海道
秋田
福島
関東
東京
神奈川
千葉
埼玉
茨城
群馬
栃木
北陸・甲信越
富山
石川
山梨
長野
新潟
東海・近畿
愛知
岐阜
三重
滋賀
奈良
中国・四国
広島
岡山
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
鹿児島
沖縄