トップページ認定専門医を探す三重県の歯科矯正専門医 > アイウエオ矯正歯科医院

アイウエオ矯正歯科医院

三重県 伊賀市 服部町3−98

初診予約フォーム

初診相談・ご相談専用:050-3542-5531

JBO認定 歯科矯正専門医

  • 廣島 邦泰

廣島 邦泰(ひろしま くにやす)

  • 2008年 JBO認定歯科矯正専門医認定
  • 1997年 北海道大学歯学部卒業
  • 2001年 新潟大学修了
  • アイウエオ矯正歯科医院在籍(2004年より勤務)

皆さんへのメッセージ
出身地:三重県伊賀市(旧 大山田村)
好きな言葉:「感謝に敵なし、反省に終わりなし」
趣味:スポーツすること

その他の経歴
平成9年3月 北海道大学歯学部歯学科卒業
平成9年4月 新潟大学歯学部歯科矯正学教室入局、同大学院入学、歯科医師免許取得
平成13年3月 新潟大学 歯学博士取得
平成13年4月 新潟大学歯学部歯科矯正学教室研究生
平成16年3月 アイウエオ矯正歯科医院 開院
平成16年4月 日本歯科医師会 / 三重県歯科医師会入会、与五沢矯正研究会入会
平成16年12月 日本矯正歯科学会認定医取得
平成20年10月 日本矯正歯科協会(JIO)認定歯科矯正専門医取得

歯科矯正の専門医として
JBO専門医の取得について
なぜ100症例もの審査を行う「JBO認定歯科矯正専門医」の資格を取得しようと考えたのですか?
歯科矯正専門医という証があると、患者さんに安心していただけると感じたから。
さらにJBO審査員の尊敬できる先生方に評価していただけると、私の大きな自信になると感じたから。
実際に上記2つのおかげで、歯科矯正専門医として続けていられます。
資格を取得できて、本当によかったと思っています。
JBO専門医として患者さんへ伝えたいこと
患者さんへの治療説明の際、何を大事にしているのか、どんなことに注意して伝えるようにしているのかを教えてください。
患者さんに納得していただけること、しっかり理解していただけること、が大事ですので、
まずはよく話をきいて、聞きたいポイントを把握してから、説明するように気をつけています。
これも経験が必要なことと感じています。
実際に治療を行っていて感じたこと
歯科矯正医として、これまでに嬉しかったことや達成感を感じたことを教えてください。
治療が終わって患者さんの笑顔を見ると、いつもうれしく思います。
また「やってよかった」と言ってもらえると、やりがいのある仕事ができて、歯科矯正専門医になってよかったと思います。
そしてもっと多く患者さんに喜んでいただけるよう、精進したいと思います。
歯科矯正医としてのメッセージ
子供の矯正の開始時期で悩まれる方や、年齢が高くなるにつれて躊躇される方も多いと思いますが、歯科矯正治療を開始する年齢に制限はあると思いますか?もしくは歯科矯正治療を行う年齢についてのお考えを教えてください。
子供の矯正治療の開始時期に、「早すぎる」ことはあっても、「遅すぎる」ことはない、と思います。
ただし、矯正専門医に相談することは、早い方がいいと思います。
矯正治療に年齢制限はないです。
基本的に、矯正治療は「やりたい」「きれいになりたい」と感じた時が開始時期と思います。
皆さん(患者さんは)、治したいポイントが違いますから、○歳になったら始めましょう、ではないと思います。
これからの歯科矯正治療について
歯科矯正治療がもっと一般の方に浸透するには何が必要だと思いますか?
難しい質問です。
歯科矯正治療の正しい理解をしていただくこと、そして治療後の喜びの声、が必要と思います。

ガイドラインアンケート調査

以下の設問にお答えください。
質問に回答ができない場合には、無回答にチェックしてください。
なお以下文章中の「抜歯」は基本的に小臼歯抜歯を意味します。(先天欠如歯が存在するため前歯を抜歯した場合や、片顎の小臼歯抜歯も含みます。)
また「非抜歯」は小臼歯非抜歯を意味します。第二、あるいは第三大臼歯のみを抜歯した場合は非抜歯としてください。

第1回:抜歯 非抜歯に関するアンケート

全ての患者さんに非抜歯で矯正治療が可能ですか?

回答:いいえ

【回答に対するコメント
私の矯正治療のゴールからすると、「不可能」です。しかし、世の中には「可能」と言う先生もおられるでしょう。それは、私と求める基準が違うところになるからで、単に非抜歯矯正が「可能」か「不可能」かの話ではありません。
ただ歯を並べるだけなら、非抜歯矯正はほとんどの場合「可能」でしょう。しかし、そこに口元のバランスやかみ合わせをきちんと整えようと考えた場合、抜歯の必要性が出てくるということです。

1で「いいえ」とお答えになった先生にお聞きします。
将来矯正学が発展、進歩したとしたら、すべての患者さんに非抜歯治療が可能になると可能性はありますか?

回答:いいえ

【回答に対するコメント
いくら矯正学が発展、進歩しても、人間の構造が変わらない限り、(1)のコメントは変わらないと思います。つまり、歯の数が少なくなるとか、すべての歯の形が小さくなるとか、あごが極端に大きくなるとか、求める美意識が根本的に変わるとか、そういったことが起こらない限り「不可能」と思います。

永久歯列期の患者さんに対する矯正治療開始にあたり、抜歯が必要と診断した患者さんの割合(2010年)はどのくらいですか?

回答:60%〜90%未満

【回答に対するコメント
85%
しかし、抜歯か非抜歯のボーダーケースを含めると、90%になります。

【矯正を探す】全国のJBO認定専門医を検索できます。

北海道・東北
北海道
秋田
福島
関東
東京
神奈川
千葉
埼玉
茨城
群馬
栃木
北陸・甲信越
富山
石川
山梨
長野
新潟
東海・近畿
愛知
岐阜
三重
滋賀
奈良
中国・四国
広島
岡山
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
鹿児島
沖縄