トップページ認定専門医を探す神奈川県の歯科矯正専門医 > ドルフィン矯正・小児歯科

ドルフィン矯正・小児歯科

神奈川県 藤沢市 鵠沼橘1-1-2 タチバナビル2F

初診予約フォーム

初診相談・ご相談専用:050-3542-5543

JBO認定 歯科矯正専門医

  • 山下 博史

山下 博史(やました ひろし)

  • 2005年 JBO認定歯科矯正専門医認定
  • 1989年 神奈川歯科大学歯学部卒業
  • ドルフィン矯正・小児歯科在籍(1997年より勤務)

皆さんへのメッセージ

ガイドラインアンケート調査

以下の設問にお答えください。
質問に回答ができない場合には、無回答にチェックしてください。
なお以下文章中の「抜歯」は基本的に小臼歯抜歯を意味します。(先天欠如歯が存在するため前歯を抜歯した場合や、片顎の小臼歯抜歯も含みます。)
また「非抜歯」は小臼歯非抜歯を意味します。第二、あるいは第三大臼歯のみを抜歯した場合は非抜歯としてください。

第1回:抜歯 非抜歯に関するアンケート

全ての患者さんに非抜歯で矯正治療が可能ですか?

回答:いいえ

【回答に対するコメント
歯科医師として非抜歯にて治療が行えればと考えますが、無理です。

1で「いいえ」とお答えになった先生にお聞きします。
将来矯正学が発展、進歩したとしたら、すべての患者さんに非抜歯治療が可能になると可能性はありますか?

回答:いいえ

【回答に対するコメント
現在の矯正治療は対症療法の域を出ない。
よって、抜歯を行う必要がある。
将来、遺伝子操作により歯数および歯牙サイズをコントロールする事が可能になれば、非抜歯による矯正治療を行えるかもしれない。
逆に、それが出来なければ不可能とも言える。

永久歯列期の患者さんに対する矯正治療開始にあたり、抜歯が必要と診断した患者さんの割合(2010年)はどのくらいですか?

回答:90%以上

【回答に対するコメント
矯正治療後の健康で美しい口腔内および顔貌を長期に渡り維持するためには、抜歯が必要であると考えています。

【矯正を探す】全国のJBO認定専門医を検索できます。

北海道・東北
北海道
秋田
福島
関東
東京
神奈川
千葉
埼玉
茨城
群馬
栃木
北陸・甲信越
富山
石川
山梨
長野
新潟
東海・近畿
愛知
岐阜
三重
滋賀
奈良
中国・四国
広島
岡山
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
鹿児島
沖縄