トップページ認定専門医を探す長野県の歯科矯正専門医 > 矯正歯科 かなやまクリニック

矯正歯科 かなやまクリニック

長野県 中野市 西条1334

JBO認定 歯科矯正専門医

  • 金山 潔

金山 潔(かなやま きよし)

  • 2014年 JBO認定歯科矯正専門医認定
  • 2005年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
  • 2009年 新潟大学大学院医歯学総合研究科修了
  • 矯正歯科 かなやまクリニック在籍

皆さんへのメッセージ
矯正治療は、顎の成長や顔のバランスを考えて診断し、治療を行わなければなりません。そのため、担当する歯科医師には専門的な知識と技術が要求されます。「歯を並べるだけ」の治療ではなく、しっかりとした咬み合わせはもちろん、「美しく機能的な口もと」を目指した治療を心掛けています。

ガイドラインアンケート調査

以下の設問にお答えください。
質問に回答ができない場合には、無回答にチェックしてください。
なお以下文章中の「抜歯」は基本的に小臼歯抜歯を意味します。(先天欠如歯が存在するため前歯を抜歯した場合や、片顎の小臼歯抜歯も含みます。)
また「非抜歯」は小臼歯非抜歯を意味します。第二、あるいは第三大臼歯のみを抜歯した場合は非抜歯としてください。

第1回:抜歯 非抜歯に関するアンケート

全ての患者さんに非抜歯で矯正治療が可能ですか?

回答:いいえ

【回答に対するコメント
「歯を並べるだけ」であれば、非抜歯による治療の可能性も上がるかもしれません。それでも、すべての患者さんには無理だと思います。
また、矯正治療は口もとを含めた顔貌のバランスと長期的な歯列・咬合の安定性を考えなければなりません。そのためには、歯を支える顎骨の中心に歯を並べ、その人の顎の形や大きさに合わせた歯の排列が必要になり、必然的に抜歯が必要となるケースが増えると思います。

1で「いいえ」とお答えになった先生にお聞きします。
将来矯正学が発展、進歩したとしたら、すべての患者さんに非抜歯治療が可能になると可能性はありますか?

回答:いいえ

【回答に対するコメント
歯列不正は顎骨と歯の大きさの不調和によるものと考えています。これは生体そのものの問題で矯正材料や技術の発展により解決されるものではないと思います。

永久歯列期の患者さんに対する矯正治療開始にあたり、抜歯が必要と診断した患者さんの割合(2010年)はどのくらいですか?

回答:60%〜90%未満

【回答に対するコメント
2014年は84%でした。

【矯正を探す】全国のJBO認定専門医を検索できます。

北海道・東北
北海道
秋田
福島
関東
東京
神奈川
千葉
埼玉
茨城
群馬
栃木
北陸・甲信越
富山
石川
山梨
長野
新潟
東海・近畿
愛知
岐阜
三重
滋賀
奈良
中国・四国
広島
岡山
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
鹿児島
沖縄