トップページ矯正の専門医矯正歯科における専門医制度

矯正歯科における専門医制度についてご紹介します。

信頼できる治療の目安として矯正の専門医制度の設立をめざしています。

信頼できる治療の目安=専門医

現在の歯科医師法では、歯科医師であれば誰でも自由に「矯正歯科」を標榜して治療を行うことが認められています。しかし、歯を動かすことで歯並びや口元を整え、咬み合わせを正しくする矯正治療は、部分的な歯科知識だけでは適切な診断を行えない専門性・特殊性が高い総合治療です。どの歯科医院で治療を受けても同じように“治る”という保証はありません。

すべての患者さんに信頼できる矯正治療を安心して受けていただくためには、何らかの形で矯正医の治療技術・臨床能力を評価する基準が必要です。一定の基準以上の臨床経験を持つ「矯正の専門医」の認定は、患者さんに安心・安全な矯正治療を提供するために大きな意味を持つと考えています。

専門医制度設立への取り組み

矯正専門医の人数現在、わが国では「矯正歯科」を標榜する歯科医院は約27,000軒ありますが、歯科矯正の専門教育を受けた歯科医師は全国で約3,000人です。
しかしながら最初に認定医制度を運営した日本矯正歯科学会は技能評価をしないまま認定したために、3,000人全員が一定の基準以上の臨床能力を有しているわけではありません。
この問題を解決し、患者さんに質の高い矯正治療を安心して受けていただくために日本矯正歯科協会は2005年に専門医認定機構(JBO)を設立いたしました。

特定非営利活動法人 日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)の審査により認定を受けた矯正医が、わたしたちJBO認定歯科矯正専門医です。

厚生労働省指導による専門医制度

現在3団体(日本矯正歯科協会、日本矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会)がそれぞれ専門医制度を設立し、共通の基準作りを検討しています。2011年1月懇談会のメンバーで外部に審査機構を作る案を作成しました。現在各団体の理事会の承認待ちの状況です。日本矯正歯科協会と日本成人矯正歯科学会は承認しておりますが、すべての団体の理事会で承認が得られるかどうかは不明です。
厚生労働省指導による専門医制度に係る懇談会の進展状況
歯科矯正領域における専門医制度の現状と問題点

【矯正の専門医】JBO認定専門医制度について審査の基準、審査方式をご紹介します。