トップページ治療症例大人の矯正大人の矯正 両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case2

治療症例:JBO認定専門医が治療をおこなった症例をご紹介します。

大人の矯正 両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case2

突出した口元をきれいに改善した治療症例

両突歯列の治療前

両突歯列の治療後

■症状

患者さん
21歳 女性
主訴
前歯が出ていることと、歯のでこぼこの改善を希望され来院
所見
口元が突出し、唇を閉じたときにオトガイ部軟組織に緊張感(下顎に梅干しの種状のシワ)が認められました。下顎がわずかに右方偏位しています。臼歯犬歯関係はほぼアングル1級(大臼歯は正常に噛み合っている状態)(※1)ですが、上顎前歯が突出し、上下顎に叢生がありました。
診断
上下顎前突症例 (上突咬合 下後退顎 両突歯列 叢生歯列弓)

■治療期間

2年5ヶ月

■治療内容

上突咬合と叢生、横顔の改善を目的に、上下顎の左右第一小臼歯と左側第三大臼歯(親知らず)を抜歯し、マルチブラケット装置とヘッドギア、顎間ゴムを用いて治療をおこないました。
患者さんがヘッドギアと顎間ゴム装着に協力的だったこともあり、きれいな口元になりました。

※1 アングル1級
上下の顎の咬みあわせを、第一大臼歯(6番の奥歯)の位置関係で表した分類をアングルの不正咬合分類と言います。
1級、2級、3級があり、1級は第一大臼歯が正常に咬み合っている状態、2級は上の第一大臼歯が下の第一大臼歯よりも前方にある状態(上顎前突・出っ歯)、3級は下の第一大臼歯が上の第一大臼歯よりも前方にある(下顎前突・受け口)症例となります。第一大臼歯の位置関係を示すものであるため、正常に咬み合っている1級であっても、前歯が叢生などの不正咬合になっている場合があります。

治療について

■治療前

両突歯列の治療前 歯並び

上顎も下顎も前突し、いわゆる「出っ歯」が強い症状でした。叢生と偏位(上下のずれ)もありました。

■装置装着直後

両突歯列の治療 装置装着後 歯並び

上下左右の第一小臼歯と、親知らずを1本抜歯しました。
上下の顎にLLブラケットを装着し、まずでこぼこやねじれをとってゆきます。

■7ヵ月後

両突歯列の治療7か月後 歯並び

ヘッドギアとゴムを併用することで、咬み合せが改善されてきています。

■2年後

両突歯列の治療 2年後 歯並び

抜歯したすき間が閉じ、前歯の突出もなくなっています。仕上げの針金がはいりました。

■治療後

両突歯列の治療後 歯並び

2年5ヵ月で装置が外れアングル1 級で緊密なかみ合わせとなりました。前歯の突出感はなくなり、歯並びもきれいに揃っています。

廣島邦泰

回答担当:廣島 邦泰

三重県伊賀市
アイウエオ矯正歯科医院

アイウエオ矯正歯科医院の医院情報

【治療症例】矯正治療の専門医が実際に治療した症例のご紹介。

子供の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case2
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case3
開咬合(オープンバイト)
大人の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case1
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case2
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case3
叢生歯列弓(でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
開咬合(オープンバイト)
偏位咬合(あごのずれ、曲がり)Case1
偏位咬合(あごのずれ)Case2
偏位咬合(咬み合わせのずれ)Case3
過蓋咬合(いわゆる垂直的に前歯部が深い咬み合わせ) Case1
顎の手術をした矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
開咬合(オープンバイト)