トップページ治療症例大人の矯正大人矯正 下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口) Case2

治療症例:JBO認定専門医が治療をおこなった症例をご紹介します。

大人の矯正 下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口) Case2

下顎がでた感じの口元で、前歯から奥歯にかけてかみ合わせが反対の症例

下突咬合の治療前

下突咬合の治療後

■症状

患者さん
19歳9か月 男性
主訴
歯並びが悪い 受け口
所見
下顎がでた感じの口元で、前歯から奥歯にかけてかみ合わせが反対です。
上の歯のデコボコがひどく前歯2本が中に入った状態です。
診断
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)

■治療期間

スタンダードエッジワイズ装置による治療を2年3か月間行いました。
その後、後戻りを防ぐために保定装置を2年2か月間使用しました。
保定装置は、上顎には取り外しのできるタイプの装置を用い、下顎には前歯を裏側からワイヤーで固定するタイプの装置を使用しました。

■治療内容

上下左右、合計4本の小臼歯を抜歯して、スタンダードエッジワイズ装置による治療を行いました。

治療について

■治療前

治療前の症例写真 口元は下顎が出て見えます。前歯から奥歯にかけてかみ合わせが反対でした。
上の歯のデコボコがひどく、前歯2本が中に入った状態でした。

■矯正装置装着時

矯正装置装着時 一般歯科医医院で上下左右の小臼歯を抜歯して頂いた後に、スタンダードエッジワイズ装置を装着した状態。

■矯正治療終了後 6年4ヶ月の状態

矯正治療終了後 矯正治療によって全体のかみ合わせを調整したことで、自然な口元へと変化しました。
矯正治療後、6年4ヶ月を経過しましたが、かみ合わせも歯並びも安定していました。

夕田 勉

回答担当:深町博臣

新潟県新潟市
ふかまち歯科矯正

ふかまち歯科矯正の医院情報

【治療症例】矯正治療の専門医が実際に治療した症例のご紹介。

子供の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case2
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case3
開咬合(オープンバイト)
大人の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)Case1
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)Case2
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case1
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case2
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case3
叢生歯列弓(でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
開咬合(オープンバイト)
偏位咬合(あごのずれ、曲がり)Case1
偏位咬合(あごのずれ)Case2
偏位咬合(咬み合わせのずれ)Case3
過蓋咬合(いわゆる垂直的に前歯部が深い咬み合わせ) Case1
顎の手術をした矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
開咬合(オープンバイト)