トップページ治療症例大人の矯正大人の矯正 下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受口)Case1

治療症例:JBO認定専門医が治療をおこなった症例をご紹介します。

大人の矯正 下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受口)Case1

大人の下突咬合(反対咬合・受口)の治療症例

受け口の治療前

受け口の治療後

■症状

患者さん
38歳10ヶ月 女性
主訴
前歯の反対と八重歯を治してほしい。
所見
前歯の反対、奥歯のかみ合わせのずれ、前歯のでこぼこ、上下の前歯の真ん中のずれがあげられます。また、口を閉じていても、受け口とわかる口元です。
診断
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)

■治療内容

上下左右、計4本の小臼歯を抜歯して、スタンダードエッジワイズによる矯正治療を行いました。

治療について

上下左右、計4本の小臼歯を抜歯して、スタンダードエッジワイズによる矯正治療を行いました。

■治療前

横顔を拝見すると、はっきりと受け口が見てとれます。また上下の前歯の真ん中(左右の中切歯の間)がほぼ1歯分ずれています。

受け口の治療前 口元と歯並び

■治療後

抜歯矯正により、美しい横顔になりました。前歯の真ん中も一致し、山と谷のかみ合わせができ、隙間なくきちんと排列(はいれつ=順序良くきちんと並べること)されています。

受け口の治療後 口元と歯並び

■“後戻り”をさせないための見極め

矯正治療を受けるにあたって患者さんが心配されることのひとつに、治療後の“後戻り”があります。長い時間をかけて治療しても、いずれまた元の歯並びに戻ってしまうのであれば、治療をする意味がないのではないかというご相談をしばしば受けます。矯正をするしないにかかわらず、歯は生涯を通じて動き続けるものですから、正しく保定していても全く変化しないというわけにはいきませんが、治療前のような不正咬合に戻ってしまうことは通常ではありえません。もし戻ってしまったとしたら、開始時の治療方針や歯の排列が適切ではなかったことが考えられます。

歯は、顎の上に並んでいます。また、その周りを舌、頬や、唇に囲まれています。これらは、すべて筋肉を含んでおり、常に動いていますから、これらの筋肉の動きと協調した位置に歯を排列しないと、歯はまた動きます。無理に拡大された歯列が時間の経過と共に乱れるのはそのためです。また、抜歯治療は歯の移動量が多いため、どの歯をどこにどのような角度で位置づけるかは術者の技術や考え方が色濃く反映されます。適切に見極めるためには、十分な臨床経験が必要となります。矯正の専門医での治療を勧めるのはそのためです。

受け口の治療 7年後の歯並び

こちらの患者さんの、51歳4ヶ月の状態です。すべての治療が終了し7年経過しています。問題のない安定した状態です。このように、特別な理由がない限りは極端な後戻りを起こすことはありません。ご心配であれば、固定式のリテーナーを装着するなどの対処法もあります。治療後も定期的にメインテナンスを受け、不安があればすぐに相談するようにされると良いでしょう。

金井鐘秀

回答担当:金井 鐘秀

愛知県岡崎市
かない矯正歯科医院

かない矯正歯科医院の医院情報

【治療症例】矯正治療の専門医が実際に治療した症例のご紹介。

子供の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case2
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case3
開咬合(オープンバイト)
大人の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case1
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case2
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case3
叢生歯列弓(でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
開咬合(オープンバイト)
偏位咬合(あごのずれ、曲がり)Case1
偏位咬合(あごのずれ)Case2
偏位咬合(咬み合わせのずれ)Case3
過蓋咬合(いわゆる垂直的に前歯部が深い咬み合わせ) Case1
顎の手術をした矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
開咬合(オープンバイト)