トップページ治療症例子供の矯正子供の矯正 下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)

治療症例:JBO認定専門医が治療をおこなった症例をご紹介します。

子供の矯正 下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)

永久歯が生え揃う前の下突咬合 治療症例

反対咬合(受け口)の治療前

反対咬合(受け口)の治療後

■症状

所見
歯の傾きが原因の反対咬合。
診断
上顎前歯の口唇側傾斜による下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)。

■治療内容

永久歯に生え変わりはじめた時期に治療を開始し、永久歯が生え揃う時期にはきれいな歯並びになりました。 こちらの患者さんの場合は、永久歯が生え揃ってからの治療(2期治療)は必要ありませんでした。

治療について

こちらの患者さんは、歯の傾きが原因(歯性)の下突咬合(下顎前突・反対咬合・受け口)でした。

永久歯が生え揃う前の治療を1期治療と言います。骨格性(遺伝的に下の顎が大きくなる素質を持った人)の患者さんの場合は、1期治療で一度反対咬合を改善しても、思春期に身長がぐんと伸びる時期に下のあごも大きくなり、反対咬合が再発する方が少なからずいます。
そのような場合でも咬み合わせの不調和で歯がダメージを受けることを防止する目的で、また、上のあごの成長が反対咬合により止められてしまわないよう、この時期に反対咬合を改善するのが一般的です。

反対咬合(受け口)の1期治療後歯性の下突咬合(下顎前突・反対咬合・受け口)は、こちらの患者さんのように1期治療だけで永久歯が生え揃ってからの治療( 2期治療)が必要ない場合もあります。
こちらのケースでは、あごの成長が終わる17歳時にも、歯列は安定しています。

■片側のみ奥歯が反対咬合の場合

片側のみ奥歯が反対咬合の場合、下あごが横のほうへ誘導される例がまれに見られます。この状態をそのままにしておくと、あごの成長発育に悪い影響を及ぼし、顔が非対称になっていく原因となることがあるといわれています。この場合、すみやかな治療が必要となり、永久歯が生えはじめる前であっても、可能であれば 治療をおこないます。両方の奥歯が反対咬合の場合も、あごの成長に影響を与えることが多いので、早めに矯正歯科専門医にご相談になられたほうがいいと思い ます。

星隆夫

回答担当:星 隆夫

神奈川県相模原市
星歯科矯正

星歯科矯正の医院情報

【治療症例】矯正治療の専門医が実際に治療した症例のご紹介。

子供の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case2
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case3
開咬合(オープンバイト)
大人の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case1
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case2
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case3
叢生歯列弓(でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
開咬合(オープンバイト)
偏位咬合(あごのずれ、曲がり)Case1
偏位咬合(あごのずれ)Case2
偏位咬合(咬み合わせのずれ)Case3
過蓋咬合(いわゆる垂直的に前歯部が深い咬み合わせ) Case1
顎の手術をした矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
開咬合(オープンバイト)