トップページ治療症例子供の矯正子供の矯正 開咬合(オープンバイト)

治療症例:JBO認定専門医が治療をおこなった症例をご紹介します。

子供の矯正 開咬合(オープンバイト)

永久歯が生え揃う前の矯正治療例( 1 期治療)

開咬合(オープンバイト)の治療前

開咬合(オープンバイト)の治療後

■症状

患者さん
9歳1ヶ月
所見
指しゃぶりと舌突出癖
診断
開咬合症例

■治療期間

1年10ヶ月

■治療内容

指しゃぶりをやめるよう指導し、矯正治療と平行して、舌を突出させない正常な嚥下を練習していただきました。
また、日常生活できちんと唇を閉じることを心がけていただきました。

治療について

矯正治療と舌癖改善を同時におこなったケースです。
治療後は正常にものが飲み込めるようになり、口も自然に閉じる習慣が身につきました。

■治療前

開咬合(オープンバイト)の治療前指しゃぶりと舌で前歯を押す癖(舌突出癖)のため、前歯が前方に倒れて咬まなくなってしまいました。こういった状態を、開咬(オープンバイト)と言います。矯正治療で歯並びを整えても、指しゃぶりと舌突出癖が治らなければ開咬(オープンバイト)が再発してしまいます。
こちらの患者さんは、癖を改善するトレーニングを平行して受けていただきました。

■1期治療後

開咬合(オープンバイト)の1期治療後歯が生え変わる前の治療(1期治療)後の10歳11ヶ月の歯並びです。まだ永久歯が生えそろっていませんが、前歯がきちんと咬むようになりました。

■治療終了後

開咬合(オープンバイト)の治療終了後11歳10ヶ月時には、きれいな永久歯の歯並びができあがりつつあります。

■開咬合は早めに受診しましょう

開咬合は、一般的に指しゃぶりと舌突出癖、口呼吸などが原因といわれています。
指しゃぶりが原因で開咬になってしまう場合は、まず指しゃぶりをやめていただくと、これだけで、開咬が治ってしまう方もいます。
指しゃぶりをやめただけでは治らない場合や舌突出癖の方は、矯正治療で、引き出された歯とあごを元の位置に戻し、同時に舌の癖や口呼吸などの悪習癖の修正を試みます。
永久歯が生え揃ってからも治療はできますが、多くは抜歯が必要であったり、場合によっては手術を併用したりして治しますので、お子さんに気になる症状がみられましたら、早めの受診をおすすめします

星隆夫

回答担当:星 隆夫

神奈川県相模原市
星歯科矯正

星歯科矯正の医院情報

【治療症例】矯正治療の専門医が実際に治療した症例のご紹介。

子供の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case2
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case3
開咬合(オープンバイト)
大人の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case1
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case2
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case3
叢生歯列弓(でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
開咬合(オープンバイト)
偏位咬合(あごのずれ、曲がり)Case1
偏位咬合(あごのずれ)Case2
偏位咬合(咬み合わせのずれ)Case3
過蓋咬合(いわゆる垂直的に前歯部が深い咬み合わせ) Case1
顎の手術をした矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
開咬合(オープンバイト)