トップページ治療症例顎の手術した矯正外科的矯正 上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)

治療症例:JBO認定専門医が治療をおこなった症例をご紹介します。

外科的矯正 上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)

あごの手術を併用した矯正(外科的矯正)により横顔を改善した治療症

上顎前突・出っ歯の治療前

上顎前突・出っ歯の治療後

■症状

所見
下顎の後退が著しい。咬み合せや歯並びの不正は中等度。口唇を閉鎖する際にオトガイ部(下顎の先端)の筋肉が緊張している状態なのがわかる。
診断
上突咬合

■治療内容

下顎の後退感、口唇の緊張感の改善のため、患者さんと相談を重ね、外科矯正を選択した。
上下顎両側第一小臼歯、下顎両側第三大臼歯を抜歯し、スタンダードエッジワイズ装置により術前矯正を行った後、連携医療施設において上下顎骨の手術を行い、上顎骨を上方へ、下顎骨を前方に移動した。
術後矯正終了後、オトガイ形成術を追加施行した。

治療について

■E-ラインの美しい横顔

矯正治療は、歯がまっすぐに並べばそれでよいというわけではありません。上顎と下顎の咬み合せが正しく、また口元の審美性が改善されてこそ、治療の効果があります。
この患者さんの場合、歯並びと咬み合せだけであれば、通常の矯正治療でも対応可能でしたが、横顔の美しさを目標として、外科手術を併用した治療をおこないました。
一般に、横顔の美しさはE-ライン(エステティックライン)といって、鼻と顎の先端を結んだラインに沿って唇が並んだ状態がバランスのとれた美しい横顔といわれています。

Eラインこのケースでは、治療前は下顎が後退し唇が前に出た状態でしたが、治療後は下顎の後退感は改善し、E-ラインに沿って横顔がきれいに整っています。唇を閉じた時のオトガイ部の筋肉の緊張も消失しました。咬み合せも改善し顎の運動がコントロールされた状態です。

池元太郎

回答担当:池 元太郎

新潟県新潟市
池矯正歯科医院

池矯正歯科医院の医院情報

【治療症例】矯正治療の専門医が実際に治療した症例のご紹介。

子供の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case2
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case3
開咬合(オープンバイト)
大人の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case1
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case2
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case3
叢生歯列弓(でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
開咬合(オープンバイト)
偏位咬合(あごのずれ、曲がり)Case1
偏位咬合(あごのずれ)Case2
偏位咬合(咬み合わせのずれ)Case3
過蓋咬合(いわゆる垂直的に前歯部が深い咬み合わせ) Case1
顎の手術をした矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
開咬合(オープンバイト)