トップページ治療症例顎の手術した矯正 > 外科的矯正 下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)

治療症例:JBO認定専門医が治療をおこなった症例をご紹介します。

外科的矯正 下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)

あごの手術を併用した矯正(外科的矯正)の治療症例

反対咬合・受け口の治療前

反対咬合・受け口の治療後

■症状

所見
下の歯列が上の歯列に対し前方に位置し、多くの上下の歯が咬み合っていません。 また、横顔では下あごが前方に出ており、前方にも下方にも長い印象を受けます。
診断
骨格性下突咬合(下顎前突)

■治療内容

検査の結果、骨格性の要素を強く持つ反対咬合であると判断されたため、外科手術を併用する矯正治療を行いました。

治療について

下突咬合(反対咬合・受け口)には歯が傾斜して起こる歯性のものと、上下のあごの成長の差によって起こる骨格性のものがありますが、骨格性の下突咬合は歯の移動だけでは改善することができないため、あご切りの外科手術を併用して行います(外科的矯正)。こちらの患者さんも骨格性のものだったため、外科的矯正治療となりました。

■治療前

下あごが上あごに対してかなり前に出ています。上下の歯はほとんど咬みあっていません。

下突咬合の治療前

■外科的矯正治療

外科的矯正治療は、矯正治療に手術を併用する方法です。顎の大きさや、位置の不調和はその上に並ぶ歯や歯並び・かみ合わせの不調和の原因となります。顎の大きさや位置の改善は、矯正治療でできることに限度があり、従って、不調和の度合いにより抜歯や外科的手法を併用することになります。

通常、手術の前に「術前矯正治療」を1〜2年程行ない手術の準備を行います。入院・手術は2〜3週間程が一般的です。退院後、「術後矯正治療」によりかみ合わせの仕上げを行います(6ヶ月〜1年)。

■治療後

すべての歯がきちんと咬み合うようになりました。また、下あごが下がり、整った口元になりました。下あごが前方に長く伸びているような印象だった横顔が、すっきりときれいになりました。

下突咬合の治療後

下突咬合治療後の顔貌の変化

金井鐘秀

回答担当:金井 鐘秀

愛知県岡崎市
かない矯正歯科医院

担当ドクターの医院情報

【治療症例】矯正治療の専門医が実際に治療した症例のご紹介。

子供の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case2
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case3
開咬合(オープンバイト)
大人の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case1
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case2
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case3
叢生歯列弓(でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
開咬合(オープンバイト)
偏位咬合(あごのずれ、曲がり)Case1
偏位咬合(あごのずれ)Case2
偏位咬合(咬み合わせのずれ)Case3
過蓋咬合(いわゆる垂直的に前歯部が深い咬み合わせ) Case1
顎の手術をした矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
開咬合(オープンバイト)