トップページ治療症例顎の手術した矯正 > 外科的矯正 開咬合(オープンバイト)

治療症例:JBO認定専門医が治療をおこなった症例をご紹介します。

外科的矯正 開咬合(オープンバイト)

あごの手術を併用した矯正(外科的矯正)の治療症例

開咬合(オープンバイト)の治療前

開咬合(オープンバイト)の治療後

■症状

患者さん
16歳1ヶ月 女性
主訴
下顎の突出感と咬み合わせの改善を希望され来院
所見
両側大臼歯関係はアングル3級(下顎前突)(※1)、オーバージェット(※2)1.5mm、オーバーバイト(※3)−7mm
診断
開咬合 (上顎前歯の唇側への傾斜、下顎前歯の舌側への傾斜を伴う)

■治療内容

1:あごの手術の前に、術前矯正を行う。
  マルチブラケット装置を使用し、上下前歯の傾斜・歯列幅等を改善。(小臼歯は非抜歯)
2:顎離断手術をおこなう。(口腔外科、形成外科にて)
3:術後矯正により、咬み合わせの細かな調整を行う。

※1 アングル3級
上下の顎の咬みあわせを、第一大臼歯(6番の奥歯)の位置関係で表した分類をアングルの不正咬合分類と言います。 
1級、2級、3級があり、1級は第一大臼歯が正常に咬み合っている状態、2級は上の第一大臼歯が下の第一大臼歯よりも前方にある状態(上顎前突・出っ歯)、3級は下の第一大臼歯が上の第一大臼歯よりも前方にある(下顎前突・受け口)症例となります。第一大臼歯の位置関係を示すものであるため、正常に咬み合っている1級であっても、前歯が叢生などの不正咬合になっている場合があります。

※2 オーバージェット
咬み合わせた際の、上の前歯と下の前歯の距離のこと。 上の前歯がわずかに前方に出ているのが正常な状態ですが、上の前歯の突出が過度になると上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)となります。マイナスの状態(上の前歯より下の前歯の方が前に出ている状態)を下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)といいます。

※3 オーバーバイト
咬みあわせた際の、上の前歯が下の前歯に被さる上下の距離のこと。 0.5㎜~4.5㎜程度被さっている状態が正常で、深いものを過蓋咬合、切縁の接するものを切端咬合、上下の被覆のないもの(マイナス値)を開咬合といいます。

治療について

奥歯の咬み合わせがアングル3級(下の奥歯が前方にずれている状態/反対咬合・受け口)で、上下ともに顎離断手術を行う必要がありました。
上顎はLe Fort1型骨切り術で上顎全体を前方へ移動させ、下顎は下顎枝矢状分割法によって下顎骨体(下から見るとU字型になっている部分)をずらすことで、上下の奥歯がきちんと咬むようになりました。

■治療前

開咬合(オープンバイト)治療前の正面と左右

■治療後

開咬合(オープンバイト)治療後の正面と左右

開咬合(オープンバイト)治療後の口元の変化

和島武毅

回答担当:和島 武毅

愛媛県新居浜市
歯ならび矯正歯科医院

歯ならび矯正歯科医院の医院情報

【治療症例】矯正治療の専門医が実際に治療した症例のご紹介。

子供の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case2
叢生歯列弓 (でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case3
開咬合(オープンバイト)
大人の矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case1
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)Case2
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case1
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case2
両突歯列(上下顎前突・両顎の出っ歯)Case3
叢生歯列弓(でこぼこの歯・八重歯・乱ぐい歯)Case1
開咬合(オープンバイト)
偏位咬合(あごのずれ、曲がり)Case1
偏位咬合(あごのずれ)Case2
偏位咬合(咬み合わせのずれ)Case3
過蓋咬合(いわゆる垂直的に前歯部が深い咬み合わせ) Case1
顎の手術をした矯正
上突咬合(いわゆる上顎前突・出っ歯)
下突咬合(いわゆる下顎前突・反対咬合・受け口)
開咬合(オープンバイト)