失敗矯正=NG矯正とは

矯正って失敗するの?

矯正治療を希望される患者さんが増えて来たのに伴い、「矯正を失敗した」と、再治療を希望される患者さんも増えているのは大変残念なことです。

全ての患者さんに安心して安全な矯正治療を受けていただくために、なぜ失敗が起こるのか、失敗の被害にあわないためにはどうしたら良いのかを、矯正専門医の立場から取り上げます。

失敗矯正=NG矯正

NG矯正ってどんなもの?

再治療の相談にいらっしゃる患者さんのお話を伺うと、以下のようなケースで「矯正を失敗した」と感じることが多いようです。

  • 自分の思っていた結果と違う。
  • 治療期間が長い。
  • 希望通りの口元にならなかった。
  • 治療後すぐに元の不正咬合に戻ってしまった。
  • 担当の歯科医師の治療が信用できない。

矯正治療を失敗したのではないか、と思ったら、まずは担当の先生とよく話し合ってみることをおすすめします。

NG矯正の原因は?

希望通りの治療結果にならなかった理由のひとつに、患者さんと担当医のコミュニケーション不足があります。また、患者さんの十分な協力が得られないため当初の予定通り治療が進まなかったのかもしれません。
改めて説明を受け、コミュニケーションを取ることで、治療方針を変更して良い治療結果を得られるかもしれません。
質問をしても納得のいく回答が得られない場合はセカンドオピニオンを他の先生に求めることも一つの方法です。

歯科医師が原因のNG矯正

また、本来あってはならないことですが、未熟な技術と経験で歯科矯正治療がなされ、上記の様な結果を引き起こしている場合もあります。

歯科医師が原因のNG矯正に共通するのは、「歯科医師が立てた治療計画が不十分だった」と言うことです。

歯科医師が矯正に関する教育をきちんと受けておらず、治療経験も少ないために診断を誤ったり、実行可能な治療計画を立てられなかったり、患者さんの質問に答えられなかったりしているのです。

不正咬合が治らないという明らかな失敗ケースはもちろんのこと、不安を感じて転医をしたようなケースも「失敗」です。そのような失敗ケースをわたしたちは「NG矯正」と呼んでいます。

「とりあえず動かしてみる」の罠

「とりあえず非抜歯でやってみて、ダメそうだったら抜歯に切り替える」という、不十分な治療計画で開始する矯正歯科医が存在します。

しっかりとした治療計画を立てずに治療を開始するのは、行き先を確認せずに電車に飛び乗るようなものです。電車なら間違ってもスタート地点に戻れば良いですが、矯正は簡単にやりなおせるものではありません。矯正の教育を受け、臨床経験も豊富な矯正専門医を選ぶことをおすすめするのはそのためです。

被害にあわないために

賢い患者になろう

「歯を抜かない矯正」「短期間で治せる矯正」など、大変魅力的な治療法を提案してくれる歯科医院が増えて来ていますが、それは本当にあなたにとって最適な治療法ですか?

患者さんの望みを優先するあまり、治療結果や整合性が軽視されてしまうと、結局は再治療を余儀なくされることになってしまいます。

インターネットが普及し、矯正に関するさまざまな情報が氾濫していますが、全ての情報が正しいわけではありません。NG矯正の被害にあわないために、患者さんご自身にもある程度の矯正の知識を身につけていただきたきたいと考え、NG矯正をご紹介することにしました。

これから矯正を始めようとお考えの方、また、今の治療に不安を感じていらっしゃる方のお役に立てればと思います。

NG矯正体験者からのアドバイス

実際にNG矯正の被害にあわれた患者さんの再治療例をご紹介します。

< 転医時 >
転医時
< 治療後 >
治療後

患者さん:吉川千明さん(美容家・オーガニックコーディネーター)
再治療を受けた理由:抜かない矯正治療を受けたが、途中で失敗を告げられた
再治療を担当したJBO認定歯科矯正専門医:与五沢 文夫(東京都港区 よごさわ歯科矯正)

最高の治療法と信じて

吉川千明さんは、最初の歯科医院で「抜かずにあごを広げ、できた隙間にインプラントを入れて歯列を整える」という矯正治療を受けていらっしゃいました。歯を抜かずに治療ができるということは大変魅力的でしたし、もちろん担当の歯科医師も「抜かずに治せますよ」と言うわけですから、その時は最高の治療法だと信じてお任せしたそうです。

2年間の治療がムダに

ところが、約2年間かけてあごを広げそろそろ矯正治療も終わりかけた頃、突然担当医から、最初に説明を受けたような"美しい口元"にはできないことを告げられました。「やっぱりインプラントは入らない」と言われたそうです。

「あごを広げることでインプラントを入れるためのスペースを得られる」という予測を立てて始めた治療ですが、予測が甘くて実際には計画通りにあごを広げることができなかったのです。これまで2年の間一生懸命頑張って来た吉川さんの努力はなんだったのでしょうか。

再治療の決意

2年という時間を無駄にされた吉川さんは、これ以上元の歯科医院での治療を続ける気にはなれず、ご友人の紹介で南青山のよごさわ歯科矯正にセカンドオピニオンを求め、結局転医されました。転医後3年で治療を終えられましたが、転医されたときの口元と、治療を終えられたときの口元を見比べてください。オトガイにしわが寄ってもったりとした口元が、すっきりときれいな口元になりました。

< 転医時 >
転医時
< 治療後 >
治療後

自分のような不幸な患者さんが一人でも救われるようにと、メッセージをお寄せくださいました。
吉川千明さん、ありがとうございます。

< 吉川千明さんからのメッセージ >
歯を抜かないで矯正ができると聞くと、誰もが喜んでしまうものです。
しかし、元々スペースがないことで歯列が乱れていたものは抜歯するしかありません。抜歯するかしないかは、ケースによって変わります。きちんと計画が立てられる良い先生に出会ってください。
歯との付き合いは一生です。美しい口元は、美と知性の源です。すっきりした口元に私は今とても満足しています。